今年もこの季節が

子供の頃嫌いだった食べ物のひとつが「銀杏」でした。

校庭で踏み潰しては「くっさー!」なんて言ってましたっけw

こんなに美味しいものだなんて知ってたら、そんなむげなことしなかったのにな。

とは言え、どれでも美味しいわけではなく、やはり国産のもの

(出来れば愛知県産!)に限りますねえ。

写真の銀杏は近場にある居酒屋さんのものですが、

秋も深まってくる頃に必ず毎年食べに行きます。

昨年秋は諸事情で食べることが出来なかったのですが、

2年ぶりに「どーしても食べたい!」っと思い立って行って来ました。

炭火で焼いた銀杏の美味しさといったらもう、本当にたまらんです。

新鮮な銀杏って緑色をしていて、もっちりとしててほんのり苦味があって。

うん、そう考えるとやっぱオトナの味だから、

子供の頃嫌いだったのも当たり前なのかも。

今は年中食べられるものも多いですけど、

その時期にしか食べることが出来ないものを食べられるって、

とても贅沢なことですよね。

子供の頃には考えもしなかった楽しみ方を知るにつけ、

歳を取ることも決して悪いもんじゃないなあ、なんて思うのでした。


0コメント

  • 1000 / 1000